ペット葬儀で納骨は必要なの?おすすめの時期や相場費用について|ペットメモリアル大阪

お問い合わせはこちら

ペット葬儀で納骨は必要なの?おすすめの時期や相場費用について|ペットメモリアル大阪

ペット葬儀で納骨は必要なの?おすすめの時期や相場費用について|ペットメモリアル大阪

2020/06/13

ペット葬儀で納骨は必要なの?おすすめの時期や相場費用について|ペットメモリアル大阪

犬や猫などのペットが亡くなった後、行政や民間業者のペット火葬やペット葬儀後に納骨を行いますが、どうやって納骨を行えば良いのか悩む飼い主が多いのではないでしょうか?

納骨は「骨壺に遺骨を収める」「お墓など別の場所に遺骨を収める」の2つの方法があります。

今回は、それぞれの納骨の方法や、納骨の時期、相場費用をご紹介いたします。

 

ペット葬儀の納骨の種類

ペット葬儀を行った後に、業者側や飼い主が用意した骨壺に骨を収めますが、骨壺に収めた骨はどうすれば良いのでしょうか?

一般的にペット葬儀での納骨では、

  1. 遺骨を骨壺に収める
  2. お墓など別の場所に遺骨を収める

の2つの方法があります。

人間とは違い、ペット葬儀では法律上決まりがないため、遺骨は飼い主の希望でこれらの形で残す、あるいは供養することができます。

ペット葬儀後の納骨方法では、お墓や納骨堂に納骨できる他、自宅の庭などに埋葬する方法や、手元供養品として収める方法、自然葬として散骨するなど自然に還す方法など様々です。

ペット霊園や寺院などが所有するお墓に納骨する場合は、ペット火葬・ペット葬儀業者によって納骨まで段取りしてくれるプランを用意してくれる場合もあります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。