動物のペット葬儀の種類や方法は?費用相場や遺骨の供養方法についてその③|ペットメモリアル大阪

お問い合わせはこちら

動物のペット葬儀の種類や方法は?費用相場や遺骨の供養方法についてその③|ペットメモリアル大阪

動物のペット葬儀の種類や方法は?費用相場や遺骨の供養方法についてその③|ペットメモリアル大阪

2020/06/16

動物のペット葬儀の種類や方法は?費用相場や遺骨の供養方法についてその③|ペットメモリアル大阪

動物のペット葬儀をする時の注意点

行政が行う合同ペット火葬では、安い費用でペット火葬を行うことができますが、火葬前のお別れであるペット葬儀や、収骨・返骨を希望することができないことが一般的です。

また、犬の場合死亡したら市区町村役場に届出を行わなければならないので、ペット葬儀・ペット火葬と同時に調べておくようにしましょう。

 

ペット葬儀後の遺骨はどうしたら良いの?

ペット葬儀・ペット火葬後、プランによっては収骨や返骨を希望することができます。

ペットの遺骨は、人間とは違い供養方法に決まりがないので、以下の方法で納骨することができます。

  1. 骨壺に入れて持ち帰る
  2. 自宅で保管する
  3. 庭に埋める
  4. 散骨する など

また、最近では遺骨の一部をペンダントトップなどに入れて身に着ける飼い主も多く、残りの遺骨はペット霊園などに埋葬して供養することもあります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。