大阪市中央区でハムスターが亡くなったら

お問い合わせはこちら

大阪市中央区でハムスターが亡くなったら

大阪市中央区でハムスターが亡くなったら

2021/04/14

大阪市中央区でハムスターが亡くなったら

ずっと大事にしていたハムスターが亡くなってしまったら、ペット火葬業者にお願いすべきなのか、はたまたどうやって供養すればいいのか悩みますよね。今回は大阪市中央区で飼っていたハムスターが亡くなった際の処置や埋葬方法についてご紹介します。

  1. ハムスターが亡くなったと思ったら
  • 冬眠していないか確認

室温5度以下になると、ほぼ全てのハムスターが冬眠に入ります。そのため、部屋の温度が低い場合は冬眠している可能性があるのです。

まず室温を20度以上にして、ハムスターを手の上に乗せて少しの間、温めてください。冬眠している場合はそれで目覚めます。

もし判断が難しい場合は、かかりつけの動物病院に診断してもらいましょう。

  • 保冷剤を抱かせて安置

残念ながら亡くなっていることが確認できたら、遺体を涼しい場所に安置してください。その際は身体がゆったり入る小箱に、ティッシュや柔らかいタオルを敷いて、保冷剤を抱かせます。できるだけ冷やすことで、遺体の状態を保つためです。

  • 感謝の気持ちを伝えよう

ペット線香などを焚いて、ぜひこれまでの感謝を伝えましょう。これまで共に歩んだ日々を思い返し、「ありがとう」「大好きだよ」と声をかけてあげてください。きっとその声は届いていますよ。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。