うさぎはペット葬儀・ペット火葬ができる?死亡した時に飼い主がやることや火葬費用・時間その②|ペットメモリアル大阪南

お問い合わせはこちら

うさぎはペット葬儀・ペット火葬ができる?死亡した時に飼い主がやることや火葬費用・時間その②|ペットメモリアル大阪南

うさぎはペット葬儀・ペット火葬ができる?死亡した時に飼い主がやることや火葬費用・時間その②|ペットメモリアル大阪南

2020/07/01

うさぎはペット葬儀・ペット火葬ができる?死亡した時に飼い主がやることや火葬費用・時間その②|ペットメモリアル大阪南

うさぎが死亡したら?飼い主がやること

うさぎの寿命は5〜10年程度と言われていますが、特にストレスに弱いため、元気だったのに突然死亡してしまうことも多くあります。

うさぎが死亡したかどうかは獣医師に確認してもらうのが確実ですが、自宅で飼い主が確認する方法は以下の通りです。

  1. うさぎのお腹に手を当てて呼吸をしているか確認する
  2. うさぎの胸に耳を当てて鼓動を確認する
  3. うさぎの目に光を当てて瞳孔の動きがあるか確認する

もしうさぎが死亡した場合は、うさぎの遺体を涼しい場所に安置します。

棺となる箱や段ボールなどにうさぎを収め、お腹を中心に保冷剤や袋に入れた氷を当てて体を冷やすことで、傷みを遅らせることができます。

また、夏場は室温が高くなるので、エアコンの設定温度を一番低くして、部屋ごと冷やすようにしましょう。

うさぎの遺体は1〜2時間程度で死後硬直が始まるので、それまでに目を閉じて、うさぎを自然な体勢に整えてあげましょう。

うさぎの目や口・肛門などから体液や汚物が出てくることがあるので、必要に応じてガーゼなどをあてるようにします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。