大阪市の保健所ではペット火葬をしているの?②

お問い合わせはこちら

大阪市の保健所ではペット火葬をしているの?②

大阪市の保健所ではペット火葬をしているの?②

2021/05/18

大阪市の保健所ではペット火葬をしているの?②

  1. 大阪市と民間のペット火葬業者の違い
  • ペットや遺族への配慮

大阪市の環境事業センターにおいて、遺体は廃棄物扱いとなるため「ゴミ」として処理されます。一方で民間のペット業者では、お別れのセレモニーや収骨など、人と変わらない葬儀を営むことができます。もちろん遺体は丁寧に扱われ、遺族の気持ちを最大限に汲んでくれます。

  • 返骨を選ぶことができる

環境事業センターに一度引き渡してしまえば、それから骨を返してもらうことはできません。火葬後の灰はそのまま埋立地に運ばれてしまいます。民間のペット火葬業者であれば、返骨してもらい自宅で供養することも、そのまま墓地に埋葬することもできます。

  • 火葬できるペットの重量

民間のペット火葬業者では、火葬できるサイズが制限されることがあります。この点で大阪市に引き取りを依頼すれば、どれだけ大きな遺体でも火葬が可能です。

大型犬など、大きなペットちゃんがなくなった場合は、その重量やサイズを測っておきましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。